パワー漏れ

後悔の念を心の中に長く抱いていると、たくさんのエネルギーを消費してしまいます。大切なエネルギーをどうしてそのような怒りや罪の意識を抱き続けるために使ってしまうのですか? そのエネルギーは、さらに素晴らしいもののために使うことができるのですよ。後悔の念、罪と怒りを手放すことで、あなたは再び元気になり、魂にもっとゆとりが生まれ、私たちは成長できるのです….

パワー漏れは、様々な形で起こります。幾つか例を挙げると、脅迫、邪魔、失望、挫折、拒否、もしくは喪失などがあります。漏れは、あなたの内にある弾力性(心が柔らかい状態)がダメージを受けた時、または自尊心の感情が収縮した時に起こります。この漏れを防ぐ最善の方法は、最近の自分の成功を振り返り、あなたがどれだけの可能性とパワーを持っているかをもう一度思い出してみてください。あなたのパワーを実際に体験できる事を行ってください。例えそれが、絵を飾ることやVCRのプログラムを設定することなど、小さな事柄でも構いません。そうすることで段々と漏れが止まり、自分の中に自信が再度みなぎってくるのです。

(From the Book “If Life is a Game, These are the Rules” by Cherie Carter-Scott, pp. 42-3 & 107)

感覚を目覚めさせる

この地球を理解するためには、あらゆる感覚を目覚めさせる必要があります。明確に理解することで、私たちは様々な「知恵」を得ることができます。深く息を吸い、静かに歩き、細やかに味を楽しみ、熱心に聞くこと。これらのレッスンを通じて、私達が住んでいる地球をより「知ること」ができます。私たちの知覚がより鮮明になると、思考が定まります。思考が定まると、(人間の)欲深い気質が弱まり、現代の文化を苦しめている過度な消費志向の最善の解毒剤ともなる、ある一種の心の「充実感」を得ることができます。自分の中に軸を持つことで、満足を与えてくれる刺激を外側に常に求めてしまう未熟さから卒業し、独自の感覚が(人間の)身体と(私たちが住む)地球両方を構成しているあらゆる要素と関係を持つことで生まれる「パワー」に戻ってください。そうすると、過度な愛着意識(例えば、物質欲など)が薄れ、消費が縮小します。消費の縮小は、環境的に気遣ったライフスタイルの鍵となるのです。

(From “The Soul of Nature” edited by Michael Tobias, p. 147)

大きな変化

思いやりと見抜く力は、どちらとも非常に重要、かつ必要な武器となります。思いやりは、潤い、パワーそして前進する情熱を与える上で欠かせないものです。そして人生で感じる痛みを恐れないことも含んでいます。そしてオープンな心を持って、一歩ずつ前進し、行動に移していきます。しかし、これだけを武器として持っているのは十分ではありません。なぜなら、時として燃え尽きてしまうこともあるからです。そういう時こそ、他者が必要となってきます。様々な出来事を通じて、その相互関係を見抜いていく力(人・出来事と自分の関係)が必要となり、その知恵を得ることで、この人は「いい人」この人は「悪い人」と区別をする葛藤には意味がないことに気付きます。つまい「よい」「悪い」心と言うのは、人間である限り「誰の中にも」あることが分かってくるからです。

この奥深い相互関係を見抜く力を持って、私達のデイープ・エコロジー、つまり純粋な意図に基づいて行動を行う事は、人生全体に大きな影響を与えることになるのです。それはあなたが推測することができないぐらい、また区別することが出来る「以上」の影響なのです。そのパワーは、前向きに行動を取ろうとするあなたの目には、あまりに格好が良過ぎる、または概念的すぎるかもしれません。だからこそここで「思いやり」の心が必要なのです。この二つが組み合わさることで、大きな変化を起こり、私達を励ましてくれるのです。癒しが存在する世界で、私達に与えられたギフト(贈り物)なのです。

(From the book “Coming Back To Life” (by Joanna Macy and Molly Young Brown, p. 61)