思いやり

怒りを抱いていると、一番苦しむのは、誰でもない自分自身です。あなたの中に怒りのエネルギーが育ってくると、やみくもに人を罰したり、何かを破壊したくなります。よって知恵のある人は、自分の中に怒りを感じる時、何も言わず、何もしないように心がけます。そうすることによって、まず自分の心が「平穏」になるからです。一旦落ち着くと、頭がすっきりしてくると、相手が、困惑、憎しみ、そして社会、両親、友人、環境によってもたらされた暴力の犠牲者となっていることが分かってきます。このことがはっきりと理解できると、あなたの怒りは、姿を消していくのです

あなたの父親が、かよわい、優しい、傷をたくさん抱えた5歳の子供だと想像してみましょう。父親をもっと理解できるようになり、思いやりの心が生まれてきます。息子が、このような理解と思いやりを、父親に対して育むことができれば、苦しみはなくなり、自分の中の父親への感情が、徐々に変化していきます。この瞬間に、本当の「思いやり」の気持ちが生まれます。そしてやっと「許す」ことができるのです

非難や、ジャッジ(厳しい評価)などを含む荒々しい言葉を吐く人の話を聞いている時、怒りを覚えないようにするには、かなりの「思いやり」の心が必要となってきます。

実際、自分の中に思いやりの気持ちを培わなければ、人の話を長く聞く事はできません。「彼の話を、こうやって聞いている理由はたった一つ。彼の心を空っぽにするチャンスをあげるためです。これは慈善のワークなのです」。思いやりの気持ちを持つことで、あなたを「怒り」の攻撃から守ってくれます、だからこそ「思いやり」は、怒りの解毒剤なのです。思いやりがあるからこそ、人と付き合っていけるのです。それが無ければ、(相手の)怒りの攻撃にやられてしまいます。

 人の話の聞き方、そして思いやりの気持ちをはぐくむ「アート」(テクニック)をマスターすれば、相手の心を開くことができます。あなたの心からの気持ちを、愛情のこもった言葉で伝える方法が分かってくると、相手もあなたのことが理解できるようになってきます。コミュニケーションを新たに築くためには、また「許し」がもたらされるためには(相手がどうしてこんなに怒りをもっているのかを理解し、相手を許すこと。そして攻撃している側も、自分がなぜ怒りをぶつけているのかを理解し、自分を許すこと)、以下のことを実践するよう学ぶ必要があります。思いやりのこもった「話の聞き方」、そして愛情をこめて言葉を伝えることです。 (by Thich Nhat Hanh)

飛ぶことを学んでください

もし失敗が許されないと分かったら、自分の人生はどうなるのでしょう? 世の中の見方を変えますか? もちろんそうするでしょうね。 空にも限界があるということを認識してください。自分が想像するように、人生は様々なものをもたらし、現実もその通りになるのです。

私達の多くにとって、現在の立場に存在している唯一の理由は、失敗することを恐れているからです。

今日、新たに世界に飛び出し、何か違ったことをしてみてください。そしてあたかも失敗することなどあり得ないかのように行動してみてください。失敗は、あくまでも、あなたの選択です。成功もそうです。きっと嬉しい結果に驚くでしょう。自分自身の限界を自分に設けている人があまりにも多すぎるのです。

今日、次のレベルに段階をあげてください。自分自身をさらにオープンにしてください。既成概念を越えてください。飛ぶことを学んでください。あなたは芋虫で、これから蝶になるのです。 (May 28, 2004 The Daily Guru)

「最高の人生を送る秘訣」

ぜひ考えてみてください。

マイケルさんは、「ついつい憎めない」人です。いつも機嫌がよく、ポジテイブだからです。誰かが彼に最近調子はどうかと聞くと、いつも「この上なく調子がいいよ!」
もともと、人にやる気を起こさせるのが得意な人でした。彼の社員が、調子が悪い時には、どんな状況でも必ずポジテイブな面があるから、それを見るようにといつも力添えをしていました。

こんな彼の行動を見ていると、ちょっと好奇心が湧いてきたので、ある日、マイケルに尋ねてみました。「よく分からないよ。常にポジテイブな人でいられるなんて不可能に近い。どうやってポジテイブな態度を保っているんだい?」

マイケルは答えました。「毎朝目が覚めると、自分に語りかけるんだ。今日という日は、「選択」が二つある。気分よく過ごすか、機嫌を悪くして過ごすか。僕は気分よく過ごすほうを選択するんだ。どんなに状況が良くない時でも、自分を犠牲者と思うか、その状況から学ぼうとするか選択ができるんだ。

誰かが何か不満を言ってくる時には、彼らの不満を受け入れるか、その不満が生まれた状況のポジテイブな面を指摘するか、これも選択なんだよ。僕は、その「ポジテイブな」面をいつも選んでいるんだよ」。

「それは分かってるさ。簡単じゃないんだよ」。私は弁護しました。
「いや、簡単だよ。人生は、まさに選択なんだ。無駄なことを取り除くと、どんな状況でも選択ができるんだよ。その「状況」に、自分がどのように反応するか「選択」できるんだよ。自分の機嫌(気分)が、人からどのように影響されるかを決めるのは、誰でもない、自分なんだよ。気分よく過ごすか、機嫌が悪いまま過ごすか。自分の人生をどう生きるかは、全て選択なんだ」。

マイケルが言っていたことを、ふっと思い出していました。自分のビジネスを始めた時に、彼とは連絡が途絶えてしまっていたのですが、何かしら困難な状況に面した時には、それに感情的に反応するのではなく、どう生きるかの選択をするたびに、彼のことが脳裏を横切っていました。

それから数年後、マイケルが事故にまきこまれたことを耳にしました。コミュニケーション・タワーから60フィートも落下したというのです。18時間の手術、そして何週間にも及ぶ集中治療の後に、マイケルは、背中を鉄の棒でサポートして退院しました。

その事故から6か月後、彼を見かけたので、調子はどうか聞いてみると、マイケルは「この上なく最高だよ。どうだい、傷をみてみるかい?」

私は傷を見たくなかったので、結構だよと遠慮しましたが、事故に巻き込まれた時に、どのように乗り切ったのかを聞いてみました。
「最初に頭をよぎったのは、もうすぐ生まれてくる娘の健康だったよ。そして、地面にたたきつけられた時に、二つの選択があることを思い出したのさ。一つは、生きること。もう一つは死ぬこと。そして生きることを選んだんだ。」

「怖くなかったのかい? 意識はあったのか?」と尋ねました。
マイケルは、続けて「救急医療師たちが、本当によかったんだよ。ずっと「大丈夫」だと励まし続けてくれてね。でもERに連れて行かれたときに、医者と看護婦の顔の表情がみえたんだ。その時には本当に怖かったよ。なぜって、彼らの目には、「もう生きる見込みはない」と語っていたからね。その時に、ある行動をとらなければと気付いたんだ。」
「一体何をしたんだい?」

「それはね、ある看護婦が僕に、ある質問を叫んでいたんだ。何かアレルギーがあるかどうか。。そして僕は「イエス」(はい)と答えたんだ。医師と看護婦は、手を止めて僕の返事を待ってくれていたよ。大きく息を吸って僕は答えたんだ。「重力にアレルギーなんだよ」。皆大声で笑っていたよ。そして彼らに伝えたんだ。「僕は生きることを選択した。もう死んでいるかのようにではなく、まだ生きている人と思って手術をして欲しい」と。」
こうして、医師の腕の良さ、そして驚くべきほどの「生きたい」と願う彼の態度が、命を救ったのです。毎日、

人生を精一杯生きる選択をすることを彼から学びました。結局「態度」がすべてなのです。「だから明日のことを心配しなくていい。明日は明日がどうにかしてくれる。今日一日を生きるだけでも、十分大変なんだから」
今日という日は、昨日自分が心配していた「明日」なのですよ。